【Illustrator】イラレで文字に影をつける方法を紹介します。

Illustratorで文字に影をつけるには様々な方法があります。
今回の記事では、Illustratorで文字に影をつける方法を3つ紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

一番簡単な影の作り方:ドロップシャドウ

ドロップシャドウ

最初はドロップシャドウを使った影の作り方を紹介します。


ドロップシャドウ

文字を選択状態にして、画面上部のメニューから、効果>スタイライズ>ドロップシャドウを選択します。


ドロップシャドウのパネル

ドロップシャドウのパネルが開きます。
影の不動明度や位置、ぼかし具合を調整できます。
OKボタンをクリックすれば、影の作成は完了です。


リフレクトツールなどを使った影

リフレクトツール

次はリフレクトツールなどを使って影をつける方法を紹介します。


リフレクトツールを選択

同じ文字列を2つ作成します。
そして、ツールバーからリフレクトツールを選択してください。


リフレクトツールのアイコンをダブルクリック

リフレクトツールのアイコンをダブルクリックすると、どのように反転させるか調整できます。
水平にチェックを入れて、OKボタンをクリックします。


文字が反転

これで文字が反転します。


シアーツールを選択

次にツールバーからシアーツールを選択します。


シアーツールのアイコンをダブルクリック

そして、シアーツールのアイコンをダブルクリックして角度を調整します。


影に角度

影に角度がつきました。


ぼかしを選択

角度がついたら画面上部のメニューから、効果>スタイライズ>ぼかしを選択します。


プレビュー

プレビューを見ながらぼかしていきます。


不透明度を調整

最後に、透明パネルを開いて不透明度を調整します。


文字の下に移動

文字の下に移動させれば完成です。


ブレンドツールでオシャレな影の作り方

ブレンドツール

最後に、ブレンドツールでオシャレな影を作る方法について紹介します。


違う色の文字を2つ作成

まずは、違う色の文字を2つ作成します。


ブレンドオプションを選択

次に画面上部のメニューから、オブジェクト>ブレンド>ブレンドオプションを選択します。


OKボタンをクリック

間隔を「距離」にして、数値を1pxにしてOKボタンをクリックします。


ブレンド>作成を選択

そして、2つの文字を選択状態にして画面上部のメニューから、オブジェクト>ブレンド>作成を選択します。


完成

これで完成です。


まとめ:工夫次第でいろいろ作成できる

Illustratorでは、工夫次第でいろいろな影を作成できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。