After Effects(アフターエフェクト)パスのトリミングとは?使い方を紹介

After Effectsのパスのトリミングを使用すれば、簡単にパスのモーショングラフィックスが作成できます。
今回の記事では、After Effectsのパスのトリミングについて紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

パスのトリミングの使い方

まずは、パスのトリミングの使い方を紹介します。

好きなシェイプを作成

コンポジション内に好きなシェイプを作成します。


パスのトリミングを選択

そして、シェイプレイヤーの「追加▷」をクリックして、パスのトリミングを選択します。
これで、パスのトリミングが追加されます。
試しにアニメーションを追加してみましょう。


キーフレームを追加

パスのトリミングの終了点の時計マークをクリックして、キーフレームを追加します。
そして、数値を0%にします。


キーフレームを追加

タイムラインインジケーターを動画の終盤に移動させて、キーフレームを追加します。
そして、数値を100%に変更します。


これで、アニメーションが追加されます。


イージーイーズで速度を調整すれば、よりプロっぽいアニメーションが作成できます。
イージーイーズの使い方は下記の記事をご覧ください。

After Effects(アフターエフェクト)のイージーイーズ|使い方や種類、調整方法

文字にパスのトリミングを使うには?

ここでは、文字にパスのトリミングを使う方法について紹介します。


テキストを入力

まずは、テキストを入力します。


テキストからシェイプを作成をクリック

そして、テキストレイヤーを右クリックして、作成>テキストからシェイプを作成をクリックします。


、パスのトリミングを選択

テキストの形をしたシェイプレイヤーが作成されるので、「追加▷」をクリックして、パスのトリミングを選択します。


終了点にキーフレームを追加

前のステップと同様に、終了点にキーフレームを追加しましょう。


「線」を表示にして「塗り」を非表示

そして、一文字ずつの項目の中に「線」と「塗り」という項目があるので、「線」を表示にして「塗り」を非表示にしましょう。
全ての文字に設定してください。


自由に設定

線の項目を開けば、色や太さを変更できるので自由に設定してください。


全ての文字に同様の設定をしたら完成です。


「同時に」から「個別に」へ変更

ちなみにパスのトリミングの「複数のシェイプをトリム」を、「同時に」から「個別に」へ変更すると、下記の動画のように一文字ずつ文字が登場します。



まとめ:モーショングラフィックスで重宝する

パスのトリミングは簡単に導入でき、非常に使い勝手が良いのでモーショングラフィックスで重宝します。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。