オーディオスペクトラムとは?After Effects(アフターエフェクト)での作り方

After Effectsでは、オーディオスペクトラムを作成して形や色を調整できます。
今回の記事では、オーディオスペクトラムの作り方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

オーディオスペクトラムとは?

※音が出ます
オーディオスペクトラムとは、After Effectsで使えるエフェクトの一つで音に合わせて波形が動くものです。
動画のようなエフェクトです。


オーディオスペクトラムの作り方

ここでは、オーディオスペクトラムの作り方について紹介します。

BGMと平面レイヤーを用意

、オーディオスペクトラムのエフェクトを追加

まずは、BGMと平面レイヤーを2枚用意します。
一番上の平面レイヤーに、オーディオスペクトラムのエフェクトを追加していきます。

エフェクトから選択

オーディオスペクトラムを選択

一番上に配置されている平面レイヤーを選択した状態で、画面上部のメニューからエフェクト>描画>オーディオスペクトラムを選択します。
エフェクトコントロールパネルを確認すると、オーディオスペクトラムが追加されています。


BGMに変更

オーディオレイヤーの項目をBGMに変更しましょう。
これで、完成です。


オーディオスペクトラムの調整方法

ここでは、オーディオスペクトラムの調節方法を簡単に紹介します。

太さや長さを調節

太さや長さを調節

エフェクトコントロールパネルの「最大高さ」を大きくすれば、オーディオスペクトラムが大きく揺れます。
「太さ」を調節すれば、一本一本が太くなります。

色を調節

「内側のカラー」と「外側のカラー」

「内側のカラー」と「外側のカラー」を変更すれば、色を変更できます。


色相補完法

「色相補完法」に角度を付けると、虹色になります。

オーディオスペクトラムの種類

オーディオスペクトラムの種類

表示オプションを変更すると、オーディオスペクトラムの種類を変更できます。

デジタル
デジタル


アナログライン
アナログライン


アナログドット
アナログドット

形を変える

オーディオスペクトラムの形を変えることもできます。

円形のマスクを作成

例えば、平面レイヤーを選択した状態で、円形のマスクを作成します。


円形のオーディオスペクトラムを作成

そして、エフェクトコントロールパネルのパスをマスクに変更すれば、円形のオーディオスペクトラムを作成できます。


オシャレなエフェクトを追加するには?

いかがでしたでしょうか。
今回紹介したもの以外にも、After Effectsではかっこいいエフェクトを追加する方法があります。
例えば、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Cinematic Glitch Logo

Cinematic Glitch Logo
テレビやゲームの色ずれのような表現(グリッチノイズ)を再現できるテンプレートです。
テンプレートをテキストに適用するだけなので、初心者でも簡単に使用できます。
ゲーム実況をしている人や、SFっぽい映像を作成したい人におすすめです。

Cinematic Glitch Logoをチェック

Modern Slideshow

Modern Slideshow
オシャレなスライドショーのテンプレートです。
画像がノイズのような揺れ方をして切り替わります。
ミュージックビデオやプロモーション動画などを作成するときにおすすめです。

Modern Slideshowをチェック

Cinematic Slideshow - Opener

Cinematic Slideshow - Opener
まるで映画のようにダイナミックな編集ができるテンプレートです。
完成度が高く、見た人の印象に残るスライドショーです。
チュートリアル動画もついてくるので、すぐに使い方を覚えられるでしょう。

Cinematic Slideshow - Openerをチェック

まとめ:簡単に作成可能

オーディオスペクトラムを作成するのは簡単です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。