デザインに関わる仕事がしたい人向け|デザイナーの種類や仕事内容、特徴など

一言でデザインといっても、印刷物やWeb、ファッションなど色々な種類があります。
今回の記事では、印刷物やWebなどのビジュアルデザインに関わる仕事やデザイナーの種類について紹介します。
これからデザインに関わる仕事をしたいと考えている人に向けて、分かりやすく解説しておりますのでぜひご覧ください。

デザインに関わる仕事①グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ポスターや商品のパッケージなど主に印刷物のデザインする仕事です。
クライアントの要望を基に、企画を作成してデザイン案を制作していきます。
イラストレーターやコピーライターなど、チームでデザイン制作をすることが多いです。
また、後述するアートディレクターやエディトリアルデザイナーを兼任することも多く、仕事内容は多岐にわたります。

仕事の特徴

  • チームで協力することが多い
  • 印刷物のデザインが多い
  • WebやCGなどのデザインを含む仕事も増えつつある

主な働き方

  • 広告代理店
  • デザイン事務所
  • 企業の商品開発部もしくは宣伝部

デザインに関わる仕事②DTPデザイナー

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、雑誌や書籍、出版物、広告など印刷物をデザインして印刷する仕事です。
IllustratorやPhotoshop、InDesignといったソフトを使用して、クライアントの要望通りに紙面をデザインします。
そして、実際に印刷したデータに不備がないか確認し修正するまでが仕事です。
パソコンを使った作業が当たり前になった近年では、グラフィックデザイナーとの線引きが曖昧になり仕事内容が被ることも多いです。

仕事の特徴

  • 印刷物の作成が主な仕事
  • グラフィックデザイナーと似ている
  • データを印刷するまでが仕事

主な働き方

  • 出版社
  • 印刷会社
  • デザイン事務所

デザインに関わる仕事③Webデザイナー

Webデザイナー

Webデザイナーはその名の通り、Webサイトをデザインするのが仕事です。
Webディレクターを中心にチームを組んで、Webサイトのレイアウトや使用する素材の作成、コーディングまでを任されることが多いです。
印刷物と違いユーザーが操作する画面をデザインするため、見た目の良し悪しだけでなく使いやすいサイトを作れるスキルが求められます。
また、Web業界はデザインの流行の変化が激しいため、常にアンテナを張っておく必要があります。

仕事の特徴

  • 見た目だけでなく使いやすさも考える必要がある
  • 流行の変化が激しい
  • 必要な知識やスキルが幅広い

主な働き方

  • Web制作会社
  • デザイン事務所
  • フリーランス

デザインに関わる仕事④UI・UXデザイナー

UI・UXデザイナー

UIとは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、ユーザーと製品・サービスが接触する部分のことを指します。
UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、ユーザーがUIに触れた時の体験を指します。
UI・UXデザイナーとは、ユーザーのUXを高める、つまりプラスな印象を持ってもらうためにデザインを工夫する仕事です。

UIデザインでは、レイアウトやフォント、配色などユーザーにとって心地よいデザインのサイトを作成します。
一方、UXデザインではアンケートやレビュー、アクセス解析などデータを基に、ユーザーにとってより良いサイトの設計をしていきます。
職業としての歴史が浅いため、UI・UXの両方を兼任することが多いです。
また、Webデザイナーとも仕事内容が似通っているため、こちらも兼任するケースがあります。

仕事の特徴

  • ユーザーに好印象なWebサイトを作成するのが目的
  • UIとUXを兼任するケースが多い
  • マーケティングとも関係がある

主な働き方

  • マーケティング企業
  • Web制作会社
  • 企業のマーケティング部もしくは制作部

デザインに関わる仕事⑤ゲームデザイナー

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲームの世界観やストーリーを基にキャラクターやアイテム、背景、エフェクトなどのデザインを行う仕事です。
デッサンの腕だけでなく、2DCGや3DCGのデザインソフトを扱うスキルが必要になります。
また、ディレクターやプランナー、複数人のデザイナーでチームを組み制作することが多く、コミュニケーションを取る中でキャラや世界観の設定、演出にも関わっていくことがあります。

仕事の特徴

  • デザインするものが多岐にわたる
  • デザインソフトを扱うスキルも重要
  • ゲームの世界観や演出に関われることもある

主な働き方

  • デベロッパーの会社勤務
  • パブリッシャーの会社勤務
  • フリーランス

デザインに関わる仕事⑥CGデザイナー

CGデザイナー

CGデザイナーは、2次元または3次元のコンピューターグラフィックスを制作する仕事のことを指します。
元になるイラストやデッサンをモデリングして、モーションやエフェクトを追加することでリアルな画像を作成します。
動画やWebサイト、印刷物など取り扱う媒体は多岐にわたり、CGデザイナーを募集する会社もテレビ局や広告代理店、出版関連のプロダクションなど幅広いです。

仕事の特徴

  • 活躍できる場所が広い
  • パソコンを扱うスキルが重要
  • 経験を積めばフリーになることも可能

主な働き方

  • 映像や出版関連のプロダクション
  • 広告代理店
  • テレビ局
  • 建築関連のデザイン事務所

デザインに関わる仕事⑦エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーは、雑誌や書籍のレイアウトを行うのが主な仕事です。
編集者やアートディレクターから指示を受け、制作していきます。
グラフィックデザイナーやDTPデザイナーと似ている点は多いですが、エディトリアルデザイナーは「読みやすい本を作成する」という目的に特化したデザインを担当するのが特徴です。
見た目だけでなく、読者にとって読みやすいデザインを作成するという点は、UI・UXデザイナーと似ているともいえるでしょう。
また、本の装丁を行うブックデザイナーを兼任こともあります。

仕事の特徴

  • 印刷物の中でも主に本や雑誌、新聞など複数枚の冊子になる媒体を取り扱う
  • 読みやすい本を作成するのが主な目的
  • ブックデザイナーと兼任することもある

主な働き方

  • デザイン事務所
  • 出版社
  • 編集プロダクション

デザインに関わる仕事⑧イラストレーター

イラストレーター

イラストレーターは、広告や書籍、ポスターで使用するイラストを制作する仕事のことです。
漫画家や画家とは異なり、クライアントの要望を聞きながらイラストを制作します。
そのため、デッサンの腕だけでなくクライアントの要望を明確にするためのヒアリング能力も重要になります。
今回の記事で紹介する他の職業と比べると、フリーで働く人が多い仕事です。

仕事の特徴

  • クライアントの要望を形にすることが重要
  • ヒアリング能力などコミュニケーションがうまく取れると仕事が円滑になる
  • 携わった仕事がヒットすれば、一気に有名になる可能性も

主な働き方

  • フリーランス
  • デザイン事務所

デザインに関わる仕事⑨フォトグラファー

フォトグラファー

写真撮影が主な仕事内容で、報道・風景・人物・芸術・商品写真など、様々な専門があります。
出版社や広告代理店から依頼を受けて、モデル撮影や商品カタログの撮影などを行います。
イラストレーターと同じく、フリーランスとして働く人が多い職業です。

仕事の特徴

  • 専門性が高い
  • 写真のレタッチを兼任することもある
  • フリーランスの人が多い

主な働き方

  • スタジオ
  • テレビ局
  • フリーランス

デザインに関わる仕事⑩アートディレクター

アートディレクター

アートディレクターは、デザイン制作のビジュアルや視覚表現に関わる部分を管理する仕事です。
デザイナーやイラストレーターなどのクリエイター達のディレクションを行いながら、チームで制作を進めていきます。
実際に手を動かすというよりは、写真の選定やキャッチコピーの添削、モデルの人選など監督的な仕事を務めるのが特徴です。

仕事の特徴

  • 全体のディレクションが中心
  • クライアントやチームとコミュニケーションを上手く取る必要がある
  • 実際に手を動かす「デザイナー」を兼任することも多い

主な働き方

  • 広告代理店
  • デザイン事務所
  • 企業の宣伝部

まとめ:自分がどんなデザインをしたいのか考えてみることも大事

デザインに関する仕事は、今回紹介したもの以外にもたくさんあります。
仕事によって関わる内容も違うので、自分がどんなデザインをしたいのか一度考えてみるとよいでしょう。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。