履歴書の写真は加工してもいい?就活で印象が良くなる証明写真のポイント

就活で使用する証明写真は、第一印象にも関わってきます。
iPhoneやiPadのカメラアプリで撮影しても、加工すればきれいにできます。
この記事では、履歴書用の写真を加工や修正のチェックポイントについて紹介します。

履歴書の写真

ケンタ

履歴書の写真か~。
俺はあんまり気にしたことないっすね!
あんたうちの会社に送った履歴書プリクラ貼ってきたもんね。
(まあ人手が圧倒的に足りてないから雇ったんだけど…)
とにかく履歴書の写真について紹介していくわね!
就活生だけでなく転職や免許証の更新にも関わる内容なので要チェックよ!

ネコミ

履歴書の写真を加工するのはあり?メリットは?

履歴書の写真を加工するのはあり?

ケンタ

そもそも履歴書に貼る写真って加工しても大丈夫なんすか?
そうね。就活やバイトの面接は加工や修正しても大丈夫よ。
ただ、やっぱり仕上がりが実際の顔と別人になるほどの加工はダメね。
会社やバイト先によって意見も分かれるけど、「同一人物と分かる程度の加工」にとどめておくことがポイントね。

ネコミ

履歴書の写真の加工の許容範囲

履歴書などの書類の写真加工がどの程度まで許されるのかは、会社や企業によって意見の分かれるところです。
「加工で顔を変える」というよりは、「普段の状態の顔に修正する」という意識で加工を施した方がいいでしょう。

例えば、

  • 画像全体の明るさを調整
  • 怪我や一時的な顔のアザを隠す
  • 目の下のクマやニキビなど肌のトラブルを修正
  • 肌色の調整

といった加工なら許容範囲とされる場合が多いです。

履歴書の写真を加工するメリット

履歴書の写真を加工することには様々なメリットとして、

  • 自分の気になる箇所を修正して履歴書を提出できる
  • 清潔感を伝えることができる
  • 面接官にいい印象を与えることができる

という点が挙げられます。

例えば、肌荒れや怪我などの気になる箇所を加工することで、自信を持って履歴書を提出できるでしょう。
なるべく綺麗に修正された写真を提出すれば、面接官に清潔感のある人だと感じてもらえる可能性が高くなります。
営業や接客サービスなど、お客様と対面する仕事では清潔感は必須といっても過言ではない条件なので、面接官に良い印象を持ってもらえるでしょう。

ケンタ

「普段の自分をちょっといい状態で見せる」って気持ちで加工すればいいんすね!

履歴書の写真の加工の注意点!やってはいけない加工は?

加工の注意点

ケンタ

う~んでも実際どこまでの加工が大丈夫なのか分かりづらいっすね
会社によって意見が分かれる部分でもあるわね…。
とりあえずここでは、バレると悪印象になる加工の仕方を紹介するわね

ネコミ

小顔など骨格をいじる加工

小顔など骨格のサイズをいじる加工は、面接の際にばれやすい加工方法です。
女性多い加工方法で、写真とのギャップが大きいため悪い印象を与える可能性が高いです。
履歴書の写真では極力骨格をいじる加工はしないようにしましょう。
どうしてもいじりたい場合は、左右の頬のバランスを整える程度にとどめましょう。

顔のパーツをいじる

骨格をいじる時と同様に、目や鼻をいじる加工も面接の際にばれやすい加工方法です。
場合によっては、骨格をいじるより実際の顔との差ができやすいため、注意が必要です。
目の下のクマや、鼻の毛穴を消す程度は大丈夫だと思われますが、サイズを変更するのはおすすめしません。

その他実際の顔との差ができやすい加工方法

ここまで記載したことから、なんとなくわかるかもしれませんが基本的に実際の顔との差ができる加工はしない方がいいでしょう。
履歴書の写真は、面接を受ける人の顔を確認するために使用するため、実際の顔と大きく差が出るような加工はしないようにしましょう。

ネコミ

あくまであなた自身の写真であることが分かる加工にすることが大事ね!

印象が良くなる加工のポイント

加工のポイント

ケンタ

NGな加工方法についてよく分かったっす!
他にも印象が良くなる加工方法はないんすか?
あるわよ!具体的に紹介していくわね!

ネコミ

口角などの表情

写真を撮るときに、笑顔を作るのが苦手な人もいるのではないでしょうか。
無表情やしかめっ面より笑顔の方が良い印象を与えることができるので、笑顔の苦手な人は加工で笑顔にするのもよいでしょう。
しかし、余り加工しすぎると違和感が出るのであくまで自然な笑顔になるように加工しましょう。

美肌

肌トラブルを修正したり、肌色を調整する美肌加工も印象を良くする加工方法の一つです。
特に肌荒れ修正は、清潔感を伝えることもできるのでおすすめです。

前髪や癖毛などの髪型

寝ぐせはそもそも写真を撮る前に修正するべきですが、癖毛やアホ毛などはセットしても多少出てきてしまう可能性があります。
髪の毛が乱れていると、だらしない印象を与えてしまいます。
髪型を修正すれば、清潔感を伝えられます。
また髪型の場合、顔自体を大きく修正している訳ではないので、面接官が悪印象を持つことも少ないです。


まとめ:加工は自然に、適度にすることが大事

ケンタ

加工することで、ある程度印象が良くなるならやってみるのもありっすね!
加工をするならあまりいじり過ぎず、自然な形にすることが重要よ!

ネコミ

今回のまとめ

  • 写真を加工することで清潔感や好印象を与えることができる
  • 実際の見た目と差ができる加工は控えるべき
  • 印象が良くなる加工のポイントを抑えて印象を良くする

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方や機能を無料で簡単に解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。