おしゃれな店頭POP作成のコツ!売れるデザインにするには?

店頭でアピールするPOPを作る時には、商品が売れるように工夫する必要があります。
今回の記事では、店頭POPを作成する時のコツを紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

店頭POPの持つ効果

まずは、良いPOPを作ることで得られる効果について紹介します。

お金をかけず、接客の時間を減らせる

手書きの店頭POPは、作成するのにほとんどお金がかかりません。
紙とペンさえあればすぐに作成できるので、時間もかからずリーズナブルな販売促進法といえるでしょう。
また、店頭POPは商品の特徴やアピールポイントを簡潔にまとめられるため、接客にかかっていた時間を減らすことができます。

他の商品より目立たせる

手書きで店頭POPを作成すると、パソコンで作ったPOPと違い「特別感」が出て他の商品よりも目立たせることができます。
目立たせたい商品がある時は、パソコンできれいにPOPのデザインをするよりもあえて手書きのPOPでアピールするのも一つの手です。

お客様に親近感を与える

店頭POPは手書きで作成すると、お客様に親しみやすい印象を与えることができます。
手書きだと、会話をしなくても描いた人の人柄や印象をイメージさせることができるので、親近感を与える効果があります。
また、POPをきっかけにお客様へ商品を紹介するタイミングが増えるので、販売促進に繋げるという効果もあります。


売れるPOPにするコツ①ターゲットを絞ってPRする

売れるPOPにするコツとして、ターゲットを絞ることが挙げられます。
仕事帰りのサラリーマンや、部活帰りの高校生、買い物に来た主婦など、客層によってどんなメッセージが効果的か変わってきます。
お店の客層を考慮したうえで、色使いやデザイン、POPに書くメッセージを工夫しましょう。


売れるPOPにするコツ②アピールしたいことを絞り込む

POPを作成する際は、アピールポイントを絞ることも重要です。
小さな紙に、商品の特徴を全て書き込もうとするとパっと見で分かりづらく、読まれない可能性が高まります。
ターゲットに一番アピールしたいことを決めて、POPを作成しましょう。


売れるPOPにするコツ③使う色を絞り込む

POPに使用する色を絞るのも効果的です。
色数が多すぎると、お客様に伝わりづらいPOPになる可能性があります。
基本は2色、多くても3色程度が良いでしょう。


売れるPOPにするコツ④ポイントを分かりやすく書く

POPは、パッと見て内容が分かることが重要なので、伝えたいポイントを整理して書く必要があります。
1文や2文の短い文章にまとめたら、その中のポイントとなる単語の色を変えて目立たせましょう。
全体を確認して分かりづらいところがあれば修正しましょう。


売れるPOPにするコツ⑤具体的な数値を使う

キャッチコピーを作る時にも使えるテクニックですが、「累計1万個売れました!」「20%増量中!」など、具体的な数字を入れると説得力がアップします。
商品に何か数値にできる特徴がある場合、このテクニックを使ってアピールしてみるとよいでしょう。


まとめ:POPは売り上げを増加させられる

良いPOPを作れば、商品の売り上げを増加させることもできます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。