Webマーケティング独学のステップ!おすすめの勉強方法や本は?

Webマーケティングを独学で勉強したいけど、「覚えることが多すぎて何から勉強すればいいのか分からない!」という方は多いのではないでしょうか。
今回の記事では、Webマーケティングを独学する方法やおすすめの勉強方法について紹介します。
初心者の方に向けて、分かりやすく解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。
以下のステップで解説していきます。

0
Webマーケティングを勉強する目的を明確化
1
Webマーケティングで必要な知識をチェック
2
独学でWebマーケティングを勉強する方法:インプット編
3
独学でWebマーケティングを勉強する方法:アウトプット編

Step0.自分がWebマーケティングを勉強する目的を明確にする

目的を明確にする

Webマーケティングは、覚える内容が多いです。
また、「Webマーケティングを勉強して何をしたいか」によって、覚える内容も微妙に違います。
そのため、まずは自分がWebマーケティングを勉強する目的を明確化しましょう。

例えば、

  • Webマーケティングを勉強してブログの収益を伸ばしたい!
  • Webマーケティングを勉強して自分のお店の売り上げを伸ばしたい!
  • Webマーケティングを勉強してマーケターとして代理店で働きたい!
などザックリとした内容でも問題ありません。
次のステップで、Webマーケティングに必要な知識と、どんな人がその知識を身につけるべきかを紹介するので、自分の目的を明確にして効率よく勉強しましょう。


Step1.Webマーケティングで必要な知識をチェックする

必要な知識をチェック

ここでは、Webマーケティングをする上で必要な知識について紹介します。
また、どんな目的を持った人が勉強するべきかも併せて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

マーケティング全般の知識

まず覚えるべきなのは、マーケティング全般に関する知識です。
Webマーケティングは、マーケティングの一種なので、分析方法やフレームワークに関する知識、マーケティングをする上での基本的な考え方などを覚えておくとよいです。

勉強するべき人

  • Webマーケティングを勉強しようと考えているすべての人

下記の本で分かりやすく学ぶことができます。

集客施策に関する知識

Webマーケティングで最初に考えるのが「どうやってWebサイトに人を集めるか?」です。
集客するための主な施策は下記の5つです。
ここでは、それぞれについて簡単に紹介します。

  • SEO
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • メルマガ
  • SNS

SEO

SEO(検索エンジン最適化)は、簡単に説明するとGoogleやYahooなどの検索エンジンで、自分のWebサイトを上位に表示させるための施策です。
どんなキーワードで検索されたときに、自分のWebサイトが表示されたいのか考えながら対策していきます。

勉強するべき人

  • ブログ・アフィリエイトなどで収益を上げたい人
  • 自社のオウンドメディアの問い合わせ件数を増やしたい人

下記の本で分かりやすく学ぶことができます。

リスティング広告

GoogleやYahooの検索結果で、SEOよりも上に表示される広告のことです。
ある程度の予算が必要になりますが、ユーザーに注目されやすいため集客効果が高いです。
特定の地域に絞って配信することも可能なので、実店舗を持つ人なども効果的に宣伝することができます。

勉強するべき人

  • 広告を使って自分のお店や商品を宣伝したい人
  • Webマーケターとして本業・副業問わず働きたい人

下記の本で分かりやすく勉強できます。

ディスプレイ広告

ニュースサイトやブログなどのWebサイトを閲覧しているときに表示される画像付きの広告のことです。
自分の広告に興味を持ってくれそうな人に、配信することができます。
また、リスティング広告よりも安価に運用できます。

勉強するべき人

  • 広告を使って自分のお店や商品を宣伝したい人
  • Webマーケターとして本業・副業問わず働きたい人

メルマガ

メルマガは、登録したユーザーに定期的に情報を送り、購入や申し込みを促すための施策です。
自分のお店やサイトに、興味を持っている人たちに無料で配信できるのが特徴です。

勉強するべき人

  • 商品やサービスを繰り返し購入してくれるリピーターを増やしたい人
  • 自分のお店やサイトに興味のある人に集中して宣伝したい人

下記の本で分かりやすく勉強できます。

SNS

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを使って集客することも可能です。
気軽に発信して、ユーザーとコミュニケーションを取れるのが特徴です。

勉強するべき人

  • 積極的に自社や自分のサイトをアピールしたい人
  • GoogleやYahoo!などの検索エンジン以外からも集客したい人

下記の本で分かりやすく勉強できます。

接客施策に関する知識

ユーザーをWebサイトに集客した後は、「どうやって商品の購入や問い合わせにつなげるか?」です。
接客施策は主に下記の2つです。
ここでは、それぞれについて簡単に紹介します。

  • ランディングページ最適化
  • 入力フォーム最適化

ランディングページ最適化

ランディングページとは、一般的にWebサイトに訪問した際にユーザーが最初に見るページのことを指します。
Webマーケティングでは、商品やサービスを購入・問い合わせにつなげるための縦長のページのことを指すことが多いです。
リスティング広告は、このランディングページに集客させるために配信することが多いです。

売り上げや問い合わせ件数を増やすために、ランディングページの構成やデザインをよりよくするのがランディングページ最適化です。

勉強するべき人

  • リスティング広告を使って集客しようと考えている人
  • アフィリエイトなどでサイトの収益を上げたいと考えている人

下記の本で分かりやすく勉強できます。

入力フォーム最適化

入力フォーム最適化とは、商品の購入や問い合わせをする際の入力フォームを改善して売上や問い合わせ件数を上げる施策です。
入力フォームは、Webマーケティングのゴールといっても過言ではないので、入力のしやすさ、分かりやすさなどを考えながら改善していく必要があります。

勉強するべき人

  • ネットショップを運営している人
  • 自社のホームページの問い合わせ件数を増やしたいと考えている人

リピーター獲得施策に関する知識

商品やサービスを購入してもらったら終わりではなく、「どうやってリピーターになってもらうか?」を考える必要があります。
主な施策は下記の2つです。

  • メルマガ
  • SNS

アクセス解析に関する知識

Webサイトをアクセス解析して、改善点を発見するのもWebマーケティングでは重要です。
ユーザーが多く見てるページや離脱しやすいページなどを分析して、デザインや機能面の改善案を考えます。
改善後は、またアクセス解析を行いどう変化したのか確認します。

勉強するべき人

  • Webマーケティングを勉強しようと考えているすべての人

ツールに関する知識

Webマーケティングで使用するツールについても勉強する必要があります。
下記の3つは、勉強しておくとよいでしょう。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • キーワードプランナー

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供するアクセス解析ツールのことです。
サイトの訪問数や見ているページ、果ては使用しているのがスマホかPCなのかまで、無料で分析できます。
Webサイトを開設するならぜひ導入したいツールです。

下記の本で分かりやすく勉強できます。

Googleサーチコンソール

こちらもGoogleが提供する無料のSEOツールです。
「ユーザーがどんなキーワードで検索したのか」、「サイトのページにエラーが発生していないか」などSEOで役立つ情報を無料で確認できます。

キーワードプランナー

こちらもGoogleが提供するツールです。
検索キーワードのボリューム(1ヶ月に検索されている回数)や関連キーワードなどを検索できます。
コンテンツの企画を作成する際に重要なツールです。


Step2.独学でWebマーケティングを勉強する方法:インプット編

インプット

Webマーケティングで必要な知識について紹介しました。
ここからは、Webマーケティングの具体的な勉強方法について紹介します。
まずは、インプット型の勉強方法から解説します。

本で勉強する

本を使って勉強するのが一般的な方法です。
前のステップで紹介した専門的な本以外にも、Webマーケティング全体を学べる本があるのでここではそちらを紹介します。

「マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!」では、マンガと丁寧な解説でWebマーケティングを楽しく、分かりやすく勉強できます。
現場で役立つノウハウも盛りだくさんなので、これからWebマーケティングを始める人におすすめの1冊です。

動画で勉強する

近年では、YouTubeなどでWebマーケティングについて解説する人も増えてきました。
その他にもUdemyのようなオンライン学習プラットフォームを使えば、プロのマーケターの動画講座を受講することができます。
有料にはなりますが、その分質の高い講座が多いのでおすすめです。

Webサイトで勉強する

Webマーケティングの情報サイトを使って勉強するのもおすすめです。
SEOに特化したサイトやサイトデザインに特化したサイトなど、多くのサイトがあるので是非いろいろ探してみるとよいでしょう。
おすすめは下記のサイトです。

Ferret WEBマーケティング講座
参考 Ferret WEBマーケティング講座Ferret


Step3.独学でWebマーケティングを勉強する方法:アウトプット編

アウトプット

最後に、Webマーケティングのインプット型の勉強方法を紹介します。

SNSを運用する

一番簡単な方法は、SNSを運用することです。
インフルエンサーや実際のWebマーケターの運用方法を参考にして、どうすれば集客ができるのかを考えて運用してみるとよいでしょう。
無料で始められるので、ハードルも低いでしょう。

ブログを運用する

次に簡単なのが、ブログを運用する方法です。
SEOの勉強をしたいのなら特におすすめです。
SEO以外にも、セールスライティングやサイト構築スキルなど様々なスキルが身につきます。
ただ、結果が出るまで時間がかかるので半年~1年は続ける必要があります。

副業として仕事を受注する

ある程度自信がついたらSEOライティングや広告運用などの副業を請けてみるのもよいでしょう。
クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで、案件を探すことができます。
未経験歓迎の案件も意外とあるので是非チェックしてみてください。

クラウドワークスをチェックしてみる


今より年収上がるかも!?
自分の市場価値をチェックしてみよう!

今回の記事を読んだ方の中には、色々な知識を身に付けて仕事に役立てたいと考えている方が多いかと思います。
知識を身に付ける中で、現時点の自分にどのくらいの市場価値がつくのか気になることはありませんか。
そこでおすすめするのが、自分の市場価値を確認できるミイダス」です。
ミイダスは、5分程度で答えられる質問に回答することで、あなたのビジネスマンとしての市場価値を確認することができるアプリです。
市場価値だけでなく、あなたの長所やストレス要因、相性の良い上司・部下など、ビジネスマンとしてのコンピテンシー(行動特性)や、生まれ持った個性や心のコンディションから、どうすれば仕事で最大限の力を発揮できるのかを分析してあなたに最適な企業を選定することも可能です。
自分で求人を探さなくても、企業から直接オファーが届くので登録しておくだけでお得なサービスとなっております。
おすすめポイント
  • 簡単な質問に答えるだけで登録可能!
  • 履歴書の作成やカウンセリングなど面倒な作業は一切なし!
  • 自分で探さなくても企業から自動でオファーが届く!

ミイダスは5分で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、書類選考合格済みのオファーが自動で届くので、ぜひお早めに登録してみてください。

ミイダスをチェックしてみる

まとめ:まずは行動に移してみよう

知識0からWebマーケティングを勉強するのは難しいように聞こえますが、誰でも最初は初心者なのでまずは行動してみることをおすすめします。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。