【マーケティング】チャネルとは?種類や活用方法を簡単解説!

チャネルを意識してマーケティング活動を行えば、売上に良い効果を与えることができます。
今回の記事では、チャネルの種類や活用方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

チャネルとは

チャネルとは

チャネルとは簡単に説明すると、「商品やサービスが消費者に届くまでのルートや組織」のことです。
「流通チャネル」、「販売チャネル」、「コミュニケーションチャネル」の3つに分けることができます。
下記で3つのチャネルについて紹介します。

チャネルの種類

チャネルの種類

ここでは、チャネルの種類について紹介します。

流通チャネル

流通チャネルとは、「生産者から最終的な販売者までに存在する手段や経路のこと」を指します。
下記のようなものが流通チャネルに該当します。

  • 物流業者
  • 卸売業者
  • 問屋

流通チャネルには0段階から3段階までの全部で4つの段階があります。
それぞれ下記のような内容になります。

  • 0段階チャネル・・・生産者がそのまま自分で販売すること
  • 1段階チャネル・・・生産者が小売店舗に商品を販売してもらうこと
  • 2段階チャネル・・・生産者と小売業者の間にさらに卸売業者がいること
  • 3段階チャネル・・・卸売業者が複数いること

販売チャネル

販売チャネルとは、「消費者が商品を買う場所のこと」です。
下記のようなものが販売チャネルに該当します。

  • コンビニ
  • スーパー
  • ECサイト

コミュニケーションチャネル

コミュニケーションチャネルとは、「商品の情報を発信する伝達手段や経路のこと」です。
下記のようなものがコミュニケーションチャネルに該当します。

  • SNS
  • 新聞広告
  • テレビCM
  • Webサイト
  • ダイレクトメール

チャネルの活用方法

チャネルの活用方法

ここでは、チャネルを活用するためのステップを3段階に分けて紹介します。

Step1.ターゲット設定

まずは、使用するチャネルを選定するためにターゲットの設定を行います。
ターゲットの年齢や性別、ライフスタイルなどによって適切なチャネルは異なるので、しっかりと設定しましょう。

Step2.チャネル選択

設定したターゲットを基に、チャネルの選択を行います。
ターゲットが自然に購入できるように適切なチャネルを選びましょう。

Step3.検証

チャネルを選択した後は、どの程度の効果が出ているか検証していきましょう。
効果が出てないときは、ターゲット設定の確認やチャネルの変更などをしてPDCAサイクルを回していきます。


今の働き方ではダメ!?
自分に合った働き方を見つけて年収も上げる方法とは?

今回の記事を読んだ方の中には、色々な知識を身に付けて仕事に役立てたいと考えている方が多いかと思います。
知識を身に付ける中で、現時点の自分がどの程度のレベルでどんな企業で働けるのか気になったことはありませんか。

そんな人におすすめなのが、「ミイダス」です。
ミイダスは、5分程度で答えられる質問に回答することで、あなたの仕事をする上での市場価値を確認することができるアプリです。
市場価値の他にも、長所やストレス要因、相性の良い上司・部下など、どうすれば仕事で最大限の力を発揮できるのかを分析してあなたにとって最適な企業を選定してくれます。

自分で求人や転職先を探さなくても、企業から直接オファーが届くので登録しておくだけでもお得なサービスです。
たった5分で登録できるのですぐに市場価値を確認したい方はぜひチェックしてみてください。

ミイダスをチェックしてみる

おすすめポイント
  • たった5分簡単な質問に答えるだけで登録可能!
  • 履歴書の作成やカウンセリングなど面倒な作業は一切なし!
  • 自分で探さなくても企業から自動でオファーが届く!

ミイダスは、登録すれば書類選考合格済みのオファーが自動で届きます。 5分で簡単に無料登録が可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

ミイダスをチェックしてみる

まとめ:適切なチャネルを選ぶのが重要

チャネルは、消費者が購入しやすいように適切なものを選ぶのが重要です。
マーケティングを成功させるためにもぜひ勉強してみてください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。