デザインのテイスト5種類!Webデザインなどで使われるイメージ

デザインを依頼された時に、「ポップな感じでお願い!」などと言われたことはありませんか。
デザインをするうえで、言葉の持っているイメージを把握することはとても重要です。
今回の記事では、デザインのテイストとして使われる言葉を5つ紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

デザインのテイスト①ポップ

ポップ

ポップとは他の言葉で言い換えると、「賑やか」だったり「色鮮やかな」というイメージです。
大衆向けで、多くの人にとって馴染みやすいようなデザインのことを指します。
具体的には、以下のような特徴があります。

  • 彩度が高い
  • 色数が多め
  • フォントはゴシック体がよく使われる

デザインのテイスト②ナチュラル

ナチュラル

ナチュラルとは、その意味の通り草木や川など自然のイメージを指します。
配色や画像素材、テクスチャ素材に自然っぽさを取り入れることで、親しみやすく優しいデザインを作成できます。

  • 全体的に柔らかめなイメージ
  • 彩度は低め
  • 山や川など自然の中にある配色が用いられる

デザインのテイスト③スタイリッシュ

スタイリッシュ

スタイリッシュとは、「今風」や「流行の」といった言葉ですが、デザインでは「流行りでカッコイイ」といったイメージで使われます。
そのため、時代とともに微妙にニュアンスが変化します。
現在のスタイリッシュといったイメージには、以下のような特徴があります。

  • 白黒でシンプルなデザイン
  • 文字やアイコンにグラデーションを用いたデザイン
  • シンプルで余計な要素を削ったデザイン

デザインのテイスト④レトロ

レトロとは、「懐古」や「復古」といった意味があり、デザインでは昭和など一昔前のイメージとして用いられます。
当時のデザインを模倣したり、今風にアレンジしているもの指します。
具体的には、以下のような特徴があります。

  • 派手ではなく落ち着いた配色
  • ざらついてて、硬質できめが粗いテクスチャがよく使われる
  • どっしりとしたフォントが多く使われる

デザインのテイスト⑤カジュアル

レトロ

カジュアルとは、若々しくて賑やかなイメージとして使われます。
きっちりとしておらず、くだけた気軽なイメージのデザインが多いです。
具体的には、以下のような特徴があります。

  • 配色が鮮やか
  • 手書き風のフォントやイラストがよく使われる

まとめ:色々なテイストを熟知しておこう

今回紹介したもの以外にも、デザインのテイストは色々あります。
ぜひ言葉の意味を理解して、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。