デザインする時に必要なスキルは?Web・グラフィックに分けて紹介!

これからデザインを始めようと考えている人の中には、「まずどのようなスキルを習得すべきなのか?」という悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。
Webデザインやグラフィックデザインなど、どんなデザインをするかによって習得すべきスキルも微妙に違ってきます。
今回の記事では、デザインを始めるときに必要なスキルを紹介します。
Webデザインとグラフィックデザインに分けて紹介しますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Webデザインで必要なスキル

Webデザインで必要なスキル

まずは、Webデザインをする際に必要なスキルについて紹介します。
これからWebデザイナーを目指す人はぜひチェックしてみてください。

基本的なデザインスキル

配色の理論や、レイアウトの方法、色彩に関する知識など基本的なデザインスキルはWebデザインをする上でも必須なスキルです。

Webデザインの場合、ユーザーが画面をクリックしたり、スクロールするなどの操作を行います。
そのため、オシャレでかっこいいデザインというより、どこに何があるのか分かりやすくて操作しやすいデザインを要求されることが多いです。
デザインの基本をマスターして、ユーザビリティの高いデザインを作成できるようになる必要があります。

また、Webデザインのトレンドは早い頻度で入れ替わるので、どのようなデザインが流行っているのか日々研究することも重要です。

デザインで使うアプリケーションのスキル

Webデザインをする際は、Webページの構築以外にもWebページで使用するアイコンの作成や写真のレタッチができるようになるとよいです。
そのため、下記のようなアプリケーションの使い方をマスターしておくとよいでしょう。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Dreamweaver

Photoshop

画像のレタッチや、ページレイアウトを作成するのに使用されます。
また、複数のデザインパターンを保存して簡単に切り替えることができるレイヤーカンプという機能は、Webデザインをする上で大変便利です。
Webデザインをするなら、ぜひ習得しておきたいスキルの一つといえるでしょう。

Illustrator

Illustratorは、Webページのロゴやアイコンを作成する際に使用するアプリケーションです。
また、どこに何があるのかというページレイアウトを作成する際に用いられることもあります。

Dreamweaver

Dreamweaverをマスターすれば、コーディングをする時に全て打ち込む必要がなくなり、業務を簡略化することができます。
そのため、Dreamweaverが使いこなせれば採用の際に有利になることもあります。

コーティング・プログラミングのスキル

作成したデザインをWeb上で閲覧できるようにするためには、コーディングやプログラミングという作業をする必要があります。
HTML/CSSでコーディングを行い、JavaScriptを使ってプログラミングしていきます。
この他にも、React.jsなど作業を円滑に行うためのフレームワークのスキルを持っておけば、採用の際に有利になることもあります。

WordPressに関する知識

Webデザインをする際には、WordPressの使い方を覚えておくことをおすすめします。
世界中のサイトは10億サイト以上あるといわれていますが、なんとその1/4はWordPressを使って作成されているのです。
WordPressのカスタマイズが出来るということは、Webデザイナーを目指すうえで重要なスキルだといえるでしょう。


グラフィックデザインで必要なスキル

グラフィックデザインで必要なスキル

ここでは、グラフィックデザインをする際に必要なスキルについて紹介します。
グラフィックデザイナーを目指している方は、ぜひチェックしてみてください。

基本的なデザインスキル

Webデザインの場合と同じく、配色の理論や、レイアウトの方法、色彩に関する知識など基本的なデザインスキルは必須です。
レイアウトや配色などのノウハウである「デザイン理論」を身に着ける他、いいデザインを思いつくためのインスピレーションを鍛えておくとよいでしょう。

デザインで使うアプリケーションのスキル

グラフィックデザインをする際は、主に下記のようなアプリケーションの使い方をマスターしておくとをおすすめします。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • InDesign

書体・フォントに関する知識

グラフィックデザインをする上では、書体やフォントに関する知識が必要になります。
無数にあるフォントの中から、一番デザインにマッチする物を選ぶには幅広い知識や経験が必要になります。
普段から、目にするポスターや広告で使われるフォントを分析するなどしてフォントに関する知識をストックしておきましょう。

様々なレイアウトを作成するスキル

働く会社や業界にもよりますが、グラフィックデザイナーとして働く場合、ポスターやチラシに限らず、雑誌、商品パッケージ、看板など様々な物のレイアウト・デザインを作成する可能性があります。
なるべく色々なレイアウトを作成するスキルを持っておくとよいでしょう。


覚えておくと便利なデザイン以外のスキル

覚えておくと便利なデザイン以外のスキル

最後にデザインをする上で、覚えておくと便利なスキルを紹介します。
デザインとは、直接関係ありませんが仕事の幅を増やしキャリアアップにもつながるのでぜひチェックしてみてください。

マーケティングスキル

デザイナーとして働く場合、企業から依頼を受けて制作するクライアントワークがほとんどです。
そのため、デザインの良し悪しだけでなく収益を上げられるデザインになっているかを考える必要があります。
その際に、マーケティングに関するスキルを習得していればより効果的なデザインが可能となります。
また、マーケティングスキルを習得していれば少数精鋭のチームや個人でも活躍できる人材になるので、選べるキャリアも増えることでしょう。

イラスト作成のスキル

イラスト作成のスキルを身に付ければ、Webやグラフィックで使用するイラストを自作できるため、仕事の幅が広がります。
また、イラスト作成の腕を極めればデザイナーとイラストレーターを兼任できるため企業でも重宝されることでしょう。
デザイナーは必ずしも絵が描ける必要はありませんが、イメージをその場で形にして伝えられるというメリットもあるのでおすすめです。

ビジネススキル

デザイナーから、ディレクターへキャリアアップしたい場合は、基本的なビジネススキルを習得する必要があります。
基本的なビジネスマナーはもちろんのこと、客先でクライアントに効果的な提案をできる「営業力」や「プレゼンテーション力」、クライアントの抱えている問題を理解して解決に導く「問題解決能力」などを身に付けるとよいでしょう。

マネジメントスキル

ビジネススキルと同じく、ディレクターへキャリアアップするにはマネジメントスキルを身に付けておくことをおすすめします。
主に、目標設定やスケジュール管理、チームのタスク管理などのことを指します。
これらのスキルは、他の職種に就くことになっても役立つので習得しておいて損はないかと思います。

コミュニケーションスキル

最後に最も重要なのがコミュニケーションスキルです。
デザイナーは、クライアントの問題や要求を理解してデザインに落とし込み、完成したデザインを言語化してクライアントに説明する必要があります。
また、ディレクターやコピーライターなど同じチームのメンバーともコミュニケーションを取って、デザインの完成イメージを共有しなければ良いデザインは作成できません。
良いデザイナーになるには、コミュニケーションスキルは必要不可欠だといえます。


まとめ:一つ一つ身に付けていこう

デザイナーになるには、デザインに関する知識だけではなく様々なスキルが必要になります。
焦らず一つ一つ身に付けていきましょう。

また、当サイトでは2020年からPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使い方やデザインに関する情報を多く公開しております。
Adobeソフトやデザインの知識に興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。