Word(ワード)読み取り専用を解除する4つの方法

Wordでは、文書を読み取り専用に設定して他の人が編集できないようにできます。
今回の記事では、Wordの読み取り専用の設定を解除する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

読み取り専用を解除する方法は下記の4つが挙げられます。

  • プロパティからチェックマークを外す
  • 常に読み取り専用で開くをオフにする
  • 書き込みパスワードを空白にする
  • 編集の制限を解除する

①プロパティからチェックマークを外す

最初に紹介するのは、プロパティを開いて読み取り専用のチェックマークを外す方法です。

プロパティ

Wordのファイルを右クリックしてプロパティを選択します。


チェックマーク

そして、読み取り専用にチェックマークがついている場合はチェックマークを外しましょう。
これで、読み取り専用の設定が解除されます。


②常に読み取り専用で開くをオフにする

次に紹介するのが、「常に読み取り専用で開く」の設定をオフにする方法です。

文書の保護

画面上部のメニューからファイル>情報>文書の保護をクリックします。
画像のように、「常に読み取り専用で開く」のアイコンがグレーになっている場合は、設定がオンになっています。


設定がオフ

アイコンをクリックして、画像のように白くなれば設定がオフになります。


③書き込みパスワードを空白にする

ここでは、書き込みパスワードを空白にする方法を紹介します。
もし、文書に書き込みパスワードを設定している場合は、こちらの方法を試してみましょう。

名前を付けて保存>参照

画面上部のメニューからファイル>名前を付けて保存>参照を選択します。


ツール>全般オプション

次に、ツール>全般オプションを選択します。


書き込みパスワード

書き込みパスワードの部分を削除して空欄にしましょう。
これで、次回から通常のファイルとして開くことができます。


④編集の制限を解除する

最後に編集の制限を解除する方法について紹介します。

編集の制限

画面上部のメニューから校閲>編集の制限をクリックします。


ユーザーに許可する編集の種類を指定する

「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」にチェックマークが入っており、設定が「変更不可(読み取り専用)」になっている場合は、文書が読み取り専用になっています。
チェックマークを外して、編集の制限を解除しましょう。
これで、誰でも編集することが可能になります。


副業に興味あるけど一歩が踏み出せない方必見!
コツコツ稼ぎたい方におすすめの方法

副業や兼業を認める企業が増えた現代、「自分も何か初めて副収入を得たい!」と考えたことはありませんか。
実際、本業と同じ額とまでは行かなくても月3~5万円くらいの副収入をすきま時間で得ている人は増えています。
しかし、実際に副業を始めようとしても

「興味はあるけど何からすればいいのかよく分からない」
「特別なスキルがないと副業できないのでは?」
「本業と両立できるか不安…」

という悩みを持ったことはありませんか。

何事も新しく始めてみるのはエネルギーが必要になりますよね。
なるべくサクッと始めることができれば、副業に対する不安や疑問も軽減できるかもしれません。

そこでおすすめなのが、業界でも最大手のクラウドソーシングサイト「CrowdWorks(クラウドワークス) 」です。

在宅で一日1時間〜2時間程度の案件や、未経験でもスキルを積ませてくれる案件など、まさに副業初心者にうってつけの仕事が多く掲載されています。

もちろん、月30万円以上などの高単価案件も多くあり、「まずはすきま時間で簡単にできる案件から初めて、スキルを積み上げて自身が付いたら単価の高い案件にも挑戦していきたい」と考えている人にぜひおすすめです。

おすすめポイント
  • 未経験者・スキルのない人でも副業ができ経験も積める!
  • 200種類以上の仕事が掲載されているため自分に合う副業を見つけやすい!
  • 本業をしながら無理なくすきま時間で稼げる!
  • 家事・子育てをしながらでも月5万円のお小遣い稼ぎができる!
  • 地方・在宅でも働ける案件が多く多い!

CrowdWorksは、無料登録をしてからすぐに副業を始められます。
登録・退会にお金はかからないので、とりあえず登録して案件をチェックしてみるのもありでしょう。

CrowdWorks に無料登録

まとめ:一つ一つチェックしよう

自分の持っている文書がどの方法で読み取り専用を解除できるかわからない場合は、今回紹介した方法を一つ一つ試してみるとよいでしょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。