Word(ワード)文字間隔を調整する方法

Wordでは、行間を調整するだけでなく文字同士の間隔を調整することも可能です。
今回の記事では、Wordで文字間隔を調整する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

文字間隔を調整する手順

早速文字間隔を調整する方法について紹介します。
具体的には、下記の手順で作業していきます。

STEP.1
フォントの詳細設定を開く
STEP.2
文字間隔を設定
STEP.3
間隔を微調整

Step.1フォントの詳細設定を開く

矢印マーク

まず間隔を調整したい文字を選択状態にします。
そして、画面上部のメニューのホーム>フォントの項目の右端の矢印マークをクリックします。


詳細設定

フォントのパネルが開くので、詳細設定に切り替えましょう。

Step.2文字間隔を設定

文字間隔

文字間隔を「標準」、「広く」、「狭く」から選択できます。
好きなものを選択してOKボタンをクリックしましょう。
これで、文字間隔を調整できます。
さらに細かく調整したい場合は、次のステップへ進みましょう。

Step.3間隔を微調整

詳細設定

もう一度フォントの詳細設定を開きます。
文字間隔の右横にある間隔の数値を変更しましょう。


細かく調整

これで、さらに細かく調整することが可能です。


文字数が違う単語を均等に配置する方法

均等な間隔で配置

ここでは、画像のように文字数が異なる単語を均等な間隔で配置させる方法を紹介します。


文字の均等割り付け

まずは、文字数の少ない単語を選択状態にします。
そして、画面上部のメニューからホーム>文字の均等割り付けを選択します。


パワーポイント

新しい文字列の幅を一番文字数の多い単語と同じように設定します。
今回は「パワーポイント」の7文字にします。


文字を均等に配置

これで、文字を均等に配置できます。
他の単語も同じ方法で調整していきましょう。


Wordの実戦的テクニックが知りたい人におすすめの本

Wordについてネットで調べていて、「知りたいことが出てこない!」、「もっと基本の部分から知りたい!」と思った経験はありませんか。 Wordの実践的なテクニックを覚えたいなら下記のような本がおすすめです。 文字を素早く入力するテクニックやWordの設定のカスタマイズなど、時短につながるテクニックが紹介されています。 書類作成をすることが多い人におすすめの1冊です。 この本の特徴
  • Wordを思い通りに使いこなせるようになる
  • 書類作成に役立つ時短術が多い
  • ショートカットキーを上手く使えるようになる
どんな人におすすめ?
  • 書類作成がメインの仕事をしている人
  • 効率の良い資料作成の方法を知りたい人
他のおすすめの本も知りたい方はこちら

まとめ:資料を見やすく調整するために使おう

文字の間隔は、資料を見る人が問題なく読めるように調整しておく必要があります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。