PowerPoint(パワーポイント)読み取り専用を解除する3つの方法

PowerPointでは、スライドを読み取り専用にして編集できないようにすることができます。
今回の記事では、PowerPointの読み取り専用設定を解除する3つの方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

読み取り専用を解除するには下記の3つの方法があります。

  • プロパティからチェックマークを外す
  • 常に読み取り専用で開くをオフにする
  • 書き込みパスワードを空白にする

①プロパティからチェックマークを外す

最初に紹介するのは、プロパティを開いて読み取り専用のチェックマークを外す方法です。

プロパティ

PowerPointのファイルを右クリックしてプロパティを選択します。


チェックマーク

そして、読み取り専用にチェックマークがついている場合はチェックマークを外しましょう。
これで、読み取り専用の設定が解除されます。


②常に読み取り専用で開くをオフにする

次に紹介するのが、「常に読み取り専用で開く」の設定をオフにする方法です。

プレゼンテーションの保護

画面上部のメニューからファイル>情報>プレゼンテーションの保護をクリックします。
画像のように、「常に読み取り専用で開く」のアイコンがグレーになっている場合は、設定がオンになっています。


設定がオフ

アイコンをクリックして、画像のように白くなれば設定がオフになります。


③書き込みパスワードを空白にする

最後に、書き込みパスワードを空白にする方法を紹介します。
書き込みパスワードを設定している場合は、こちらの方法を試してみましょう。

参照

画面上部のメニューからファイル>名前を付けて保存>参照を選択します。


全般オプション

次に、ツール>全般オプションを選択します。


空欄

書き込みパスワードの部分を削除して空欄にしましょう。
これで、次回から通常のファイルとして開くことができます。


PowerPointの実戦的テクニックが知りたい人におすすめの本

PowerPointについてネットで調べていて、「知りたいことが出てこない!」、「もっと基本の部分から知りたい!」と思った経験はありませんか。 PowerPointの実践的なテクニックを覚えたいなら下記のような本がおすすめです。 PowerPointの基礎知識から応用テクニックまで丁寧に解説されています。 「あれってどうやるんだっけ?」、「あのショートカットってどうやるんだっけ?」など、困ったときに調べられる辞書のような本です。 仕事をする時に、非常に頼りになる1冊です。 この本の特徴
  • 800ものテクニックが掲載されていて辞書のように使える
  • ショートカットキーの早見表があって便利
  • QRコードを読み込めば、動画の解説も見れる
どんな人におすすめ?
  • 仕事で分からないことがあった時にすぐ調べられる本が欲しい人
  • テクニックが網羅されている1冊が欲しい人
他のおすすめの本も知りたい方はこちら

まとめ:一つ一つ試してみよう

読み取り専用になってしまう原因が分からない場合は、一つ一つ方法を試してみましょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。