PowerPoint(パワポ)画像や図形を透過させる方法

PowerPointでは、画像や図形の透明度を変更して薄くすることができます。
今回の記事では、PowerPointで画像や図形を透過させる方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

画像や図形を透過させる方法

まずは、図形や背景を透過させる方法について紹介します。
それぞれやり方が違うので、別々に分けて紹介いたします。

図形を透過させる方法

まずは、図形を透過させる方法について紹介します。

図形の書式設定

作成した図形を右クリックして「図形の書式設定」をクリックします。


透明度

右側に「図形の書式設定」の項目が表示されます。
塗りつぶしの透明度の数値を調整すれば、図形を透過できます。

画像を透過させる方法

画像を透過させたい場合は、画像を背景として使用する必要があります。

背景の書式設定

画面をクリックして、「背景の書式設定」を選択します。


図またはテクスチャ

塗りつぶし(図またはテクスチャ)を選択して、画像ソースをクリックします。


透明度

好きな画像を選択して、透明度の数値を調整しましょう。

背景ではなく普通の画像を透明にしたい場合は、下記のようなサービスを使って先に透過させてるとよいでしょう。

画像透過ツール


一部を透過させる方法

ここでは、画像の一部を透過させる方法について紹介します。
画像の背景が単色の時に便利です。

透明色を指定

画像を準備して、画面上部のメニューから図の形式>色>透明色を指定を選択します。


透明にしたい色の部分をクリック

透明にしたい色の部分をクリックすると、画像のように透過します。
なるべく背景が単色の画像を使うようにしましょう。


画像の背景を透過させる方法

最後に、画像の背景を透過させる方法について紹介します。

背景の削除

画像を用意して、画面上部のメニューから図の形式>背景の削除を選択します。


背景がピンク色

背景がピンク色になります。


保持する領域としてマーク

「保持する領域としてマーク」を選択して画面を塗れば、背景がの部分が減ります。


削除する領域としてマーク

「削除する領域としてマーク」を選択して画面を塗れば、背景がの部分が増えます。


変更を保持

「変更を保持」を選択すれば、画像を透過できます。


副業に興味あるけど一歩が踏み出せない方必見!
コツコツ稼ぎたい方におすすめの方法

副業や兼業を認める企業が増えた現代、「自分も何か初めて副収入を得たい!」と考えたことはありませんか。
実際、本業と同じ額とまでは行かなくても月3~5万円くらいの副収入をすきま時間で得ている人は増えています。
しかし、実際に副業を始めようとしても

「興味はあるけど何からすればいいのかよく分からない」
「特別なスキルがないと副業できないのでは?」
「本業と両立できるか不安…」

という悩みを持ったことはありませんか。

何事も新しく始めてみるのはエネルギーが必要になりますよね。
なるべくサクッと始めることができれば、副業に対する不安や疑問も軽減できるかもしれません。

そこでおすすめなのが、業界でも最大手のクラウドソーシングサイト「CrowdWorks(クラウドワークス) 」です。

在宅で一日1時間〜2時間程度の案件や、未経験でもスキルを積ませてくれる案件など、まさに副業初心者にうってつけの仕事が多く掲載されています。

もちろん、月30万円以上などの高単価案件も多くあり、「まずはすきま時間で簡単にできる案件から初めて、スキルを積み上げて自身が付いたら単価の高い案件にも挑戦していきたい」と考えている人にぜひおすすめです。

おすすめポイント
  • 未経験者・スキルのない人でも副業ができ経験も積める!
  • 200種類以上の仕事が掲載されているため自分に合う副業を見つけやすい!
  • 本業をしながら無理なくすきま時間で稼げる!
  • 家事・子育てをしながらでも月5万円のお小遣い稼ぎができる!
  • 地方・在宅でも働ける案件が多く多い!

CrowdWorksは、無料登録をしてからすぐに副業を始められます。
登録・退会にお金はかからないので、とりあえず登録して案件をチェックしてみるのもありでしょう。

CrowdWorks に無料登録

まとめ:使いづらい場合は他のツールを試してみよう

PowerPointでうまく透過できない場合は、Photoshopなど他のツールを試してみましょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。