PowerPoint(パワーポイント)フォントを一括変更する方法

PowerPointでは、スライドの中にあるフォントを一括で変更する方法がいくつかあります。
今回の記事では、PowerPointでフォントを一括変更する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

フォントの置き換えを使用する

フォントを一括変更するには、「フォントの置き換え」を使用しましょう。

フォントの置き換え

画面上部のメニューからホーム>置き換え>フォントの置き換えを選択します。


「置換」ボタンをクリック

置換前のフォントと置換後のフォントを設定して「置換」ボタンをクリックしましょう。
これで、フォントを一括で置き換えることができます。

フォントの置き換えの注意点

フォントの置き換え

スライド内で複数のフォントを使っている場合、全てのフォントを一括で置き換えることはできません。
使用しているフォントの数だけ、繰り返し「フォントの置き換え」を使う必要があるので覚えておきましょう。


特定のスライドのフォントを変更する方法

全てのスライドではなく、一枚のスライドのフォントだけを変更する方法もあります。

Ctrl+A

ショートカットキーCtrl+Aでスライド内の全ての文字を選択状態にします。


好きなフォントを選択

そして、画面上部のホームメニューから好きなフォントを選択しましょう。
これで、特定のスライドのフォントを変更できます。


スライドマスターを使った一括変更の方法

最後に、スライドマスターを使ったフォントの一括変更について紹介します。

スライドマスター

画面上部のメニューから表示>スライドマスターを選択します。


フォントのカスタマイズ

フォントの項目から「フォントのカスタマイズ」を選択します。


好きな文字に変更

「英数字用のフォント」と「日本語文字用のフォント」を好きな文字に変更しましょう。
これで、フォントを一括変更できます。

スライドマスターで一括変更できない場合

スライドマスターを使ったときに、変更できないフォントもあります。

スライドマスターから変更

テキストボックスを使って挿入した文字は、スライドマスターから変更することはできません。


プレースホルダー

スライドマスターで変更できるのは、スライドを追加したときに元から表示される「プレースホルダー」に入力した文字だけなので注意しましょう。
テキストボックスを使っている場合は、「フォントの置き換え」を使いましょう。


PowerPointの実戦的テクニックが知りたい人におすすめの本

PowerPointについてネットで調べていて、「知りたいことが出てこない!」、「もっと基本の部分から知りたい!」と思った経験はありませんか。 PowerPointの実践的なテクニックを覚えたいなら下記のような本がおすすめです。 PowerPointの基礎知識から応用テクニックまで丁寧に解説されています。 「あれってどうやるんだっけ?」、「あのショートカットってどうやるんだっけ?」など、困ったときに調べられる辞書のような本です。 仕事をする時に、非常に頼りになる1冊です。 この本の特徴
  • 800ものテクニックが掲載されていて辞書のように使える
  • ショートカットキーの早見表があって便利
  • QRコードを読み込めば、動画の解説も見れる
どんな人におすすめ?
  • 仕事で分からないことがあった時にすぐ調べられる本が欲しい人
  • テクニックが網羅されている1冊が欲しい人
他のおすすめの本も知りたい方はこちら

まとめ:状況にあった方法を選ぼう

フォントを一括変更する時は、使っているフォントの数やスライドの枚数など状況によって方法を使い分けるとよいでしょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。