Excel(エクセル)平均の出し方や四捨五入、切り上げ、切り捨ての方法

Excelでは、データの平均値を出すだけでなく四捨五入なども可能です。
今回の記事では、Excelで平均値を出す方法や四捨五入、切り上げ、切り捨ての方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

平均はAVERAGE関数を使う

Excelで平均値を出すときは、AVERAGE関数を使いましょう。

オートSUM>平均

平均を出したいデータを選択状態にして、画面上部のメニューから数式>オートSUM>平均を選択します。


平均が表示

すると、下のセルに平均が表示されます。


平均を四捨五入する方法

ここでは、計算した平均を四捨五入する方法について紹介します。

ROUND関数

四捨五入するには、ROUND関数を使用します。
平均を表示しているセルをダブルクリックすると、「AVERAGE(C3:C9)」のように関数が表示されます。


AVERAGE関数

AVERAGE関数を囲むように、「=ROUND(AVERAGE(C3:C9),0)」と入力します。
「C3:C9」の部分は、データのどのセルの平均を出すか指定している部分なので自分のExcelデータに合わせて記入してください。
後ろの0は、小数点のどの部分で四捨五入するかを設定しています。
例えば、小数点以下を四捨五入したい場合は0、小数点第一位まで表示したい場合は1という風に入力します。


四捨五入

これで、四捨五入をすることができます。


平均を切り捨てる方法

ここでは、計算した平均を切り捨てる方法について紹介します。

ROUNDDOWN関数

切り捨てをする時は、ROUNDDOWN関数を使用します。
四捨五入の時と同じように、AVERAGE関数を囲むように「=ROUNDDOWN(AVERAGE(C3:C9),0)」と入力します。


切り捨て

これで、平均を切り捨てることができます。


平均を切り上げる方法

ここでは、計算した平均を切り上げる方法について紹介します。

ROUNDUP関数

切り上げをする時は、ROUNDUP関数を使用します。
四捨五入や切り捨ての時と同じように、AVERAGE関数を囲むように「=ROUNDUP(AVERAGE(C3:C9),0)」と入力します。


平均を切り上げる

これで、平均を切り上げることができます。


Excelの実戦的テクニックが知りたい人におすすめの本

Excelについてネットで調べていて、「知りたいことが出てこない!」、「もっと基本の部分から知りたい!」と思った経験はありませんか。 Excelの実践的なテクニックを覚えたいなら下記のような本がおすすめです。 Excelの時短テクニックを基礎から応用までまとめた1冊です。 初心者からある程度経験のある人まで、仕事が楽になるテクニックを知ることができます。 自己流でなんとなく作業している人にぜひおすすめです。 この本の特徴
  • 図解中心で177個のワザを分かりやすく解説している
  • 初心者でも応用テクニックを使えるようになる
  • 項目別にテクニックをまとめているので辞書としても使える
どんな人におすすめ?
  • 今まで自己流でExcelを使っていた人
  • 仕事で使える時短テクニックが知りたい人
他のおすすめの本も知りたい方はこちら

まとめ:データによってうまく使い分けよう

Excelでは、数値の算出方法を細かく設定できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。