Excel(エクセル)足し算の方法!範囲指定など応用テクニックも紹介します。

Excelでデータを集計する時に、様々な計算方法を知っておくと便利です。
今回の記事では、Excelで足し算をする時のテクニックを紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

通常の足し算の方法

まずは、通常のセル同士の足し算の方法を紹介します。

イコール

セルに「=5+3」と入力してみましょう。
8と表示されます。
このように先頭に「=(イコール)」をつけた後に、半角で式を記入すれば足し算をすることができます。


オートSUMを使った足し算の方法

ここでは、オートSUMを使った足し算の方法を紹介します。
オートSUMを使えば、複数セルの数値の合計を簡単に出すことができます。
それでは手順を見ていきましょう。

足し算

まず、足し算をしたいセルを画像のように選択状態にします。


オートSUM

そして、画面上部のメニューの数式>オートSUMのアイコンをクリックします。


足し算

一番下のセルに、足し算の合計が表示されます。


足し算の応用テクニック

ここでは、足し算をする時に使えるテクニックについて紹介します。

一度に縦と横の足し算をする方法

足し算

画像のような表がある時に、縦と横の足し算をまとめてできるテクニックがあります。


オートSUMのアイコン

まず、画像のように数値と合計を表示したいセルを選択状態にします。
そして、画面上部のメニューの数式>オートSUMのアイコンをクリックしましょう。


縦と横の足し算

これで、縦と横の足し算をまとめてすることができます。

違うシートの値を足し算する方法

Excelでは、他のシートに記入してある数値を足し算することも可能です。
「=SUM(シート名!セル,シート名!セル)」という書き方で足し算できます。

違うシートの値を足し算

例えば、Sheet2のセルB3とSheet3のセルC4を足したいときは、「=SUM(Sheet2!B3,Sheet3!C4)」と入力します。


違うシートの値を足し算

このように他のシートの数値でも足し算することができます。

日付や時間を足し算する方法

記入してある日付や時間に足し算をすることも可能です。

日付や時間を足し算

例えば、今の日付に3日足したいときは「=B3+3」と入力しましょう。


時間

3時間足したいときは、「=B3+”3:00″」と記入しましょう。


転職活動が面倒くさい方必見!
今より待遇の良い会社へ転職する方法とは?

今の会社に勤めて3〜5年経っている方は、そろそろ転職活動を考えているのではないでしょうか。
せっかく転職するなら、「今より給料や福利厚生が充実した会社へ転職したい!」と思いますよね。
しかし、実際に転職活動をしても

「仕事しながら転職活動するのが面倒くさい…」
「自分一人で希望の会社へ転職する自信がない…」
「書類選考や面接が上手くいかない…」
「希望する条件に合う会社が見つからない…」
「給与や待遇が上がりそうにない…」

という悩みを持ったことはありませんか。

学生の頃の就職活動と違って、仕事と並行しながら転職活動をしないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「条件に合う会社を探してくれたり、書類選考や面接対策のサポートをしてくれる人」がいたら転職活動も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「リクルートエージェント」を使用すれば、上手く転職活動を進めることが可能です。
リクルートエージェント」は求人数が業界最大級の転職サイトです。

特長的なのは都心部から地方まで様々な業界の求人が掲載されている点と、キャリアアドバイザーが転職先に自分を推薦してくれたり年収交渉をしてくれるという点です。

また、これらのサポートを無料で使用できます。
そのため、自分一人で上手く転職活動ができない人給与や待遇を上げたい人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーが年収交渉をしてくれる!
  • アドバイザーが転職先と交渉してくれるため内定をもらいやすい!
  • 求人探しから書類添削、面接対策までしてくれるため自分で転職活動するより楽で受かりやすい!
  • 求人数が他の求人サイトとは桁違いに多い!
  • 担当者が合わないと思ったら変更できる!

リクルートエージェントは、無料登録をしてからすぐに転職活動を始められます。
時間をかけずに早く転職先を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントに無料登録

まとめ:簡単に計算できて便利

Excelを使えば、時間のかかる計算もすぐにできるので便利です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。