Excel(エクセル)文字列を置換する方法や応用テクニック

Excelでは、特定の文字列を他の文字列に置き換えることができます。
今回の記事では、文字列を置換する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

検索と置換を使う方法

まずは、検索と置換を使う方法について紹介します。

ショートカットキーCtrl+Fを使う

検索と置換

ショートカットキーCtrl+Fを使うと検索と置換のパネルが開きます。
置換に切り替えて、「検索する文字列」に置き換えたい文字列を入力します。
「置換後の文字列」に置き換えた後の文字列を入力します。
「すべて置換」のボタンをクリックすれば、置換は完了です。
まとめて置き換えることができます。

一つずつ置き換える方法

すべて検索

文字列を一つずつ置き換えたい場合は、置き換えたい文字列を入力した後に「すべて検索」をクリックします。
パネルの下部分にすべての文字列が表示されるので、置き換えたい文字列を選択しましょう。
そして、「置換」のボタンをクリックすると一つずつ置き換えることができます。

置換機能を使った応用テクニック

置換機能を使うことで、特定の文字列を削除することもできます。

文字を削除

例えば、このシート上のすべての「県」という文字を削除したいとします。


すべて置換

その場合、「検索する文字列」に県と入力して、「置換後の文字列」には何も入力せず空白にして「すべて置換」のボタンをクリックします。


「県」を削除

これでシート内のすべての「県」を削除できます。


REPLACE関数を使って置換する方法

関数を使って置き換えたい場合は、REPLACE関数を使いましょう。

置き換え

例として、画像のように「東京都千代田区」を「東京都港区」に置き換えていきます。


数値

画像のように「=REPLACE(B2,4,4,”港区”)」と入力します。
それぞれの数値の説明は、下記の通りです。

  • B2・・・置き換えたいセル
  • 一つ目の4・・・何文字目から置き換えたいか。今回の場合4文字目から置き換えられることになる
  • 二つ目の4・・・置き換える文字数。今回の場合4文字目から4文字を置き換えるので「千代田区」が置き換えられることになる
  • 港区・・・どんな文字列に置き換えるか。今回の場合「千代田区」が「港区」に置き換えられることになる

Excelの実戦的テクニックが知りたい人におすすめの本

Excelについてネットで調べていて、「知りたいことが出てこない!」、「もっと基本の部分から知りたい!」と思った経験はありませんか。 Excelの実践的なテクニックを覚えたいなら下記のような本がおすすめです。 Excelの時短テクニックを基礎から応用までまとめた1冊です。 初心者からある程度経験のある人まで、仕事が楽になるテクニックを知ることができます。 自己流でなんとなく作業している人にぜひおすすめです。 この本の特徴
  • 図解中心で177個のワザを分かりやすく解説している
  • 初心者でも応用テクニックを使えるようになる
  • 項目別にテクニックをまとめているので辞書としても使える
どんな人におすすめ?
  • 今まで自己流でExcelを使っていた人
  • 仕事で使える時短テクニックが知りたい人
他のおすすめの本も知りたい方はこちら

まとめ:編集が楽になる

置換機能を上手く使えば編集作業が楽になります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からデザインやデザインソフトの使い方に関する記事を投稿しております。
デザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。