Illustrator(イラレ)で図形を作成する方法

今回の記事では、Illustratorで図形を作成する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

作成できる図形は主に5つ

Illustratorで作成できる図形は主に以下の5つがあります。

  • 長方形ツール
  • 楕円形ツール
  • 多角形ツール
  • スターツール
  • 角丸長方形ツール

図形を作成しよう

ここでは、図形を作成する方法について紹介します。

シェイプのツールを選択してドラッグ

まずは、ツールバーからシェイプのツールを選択します。


そして、アートボードの上をドラッグすると図形が作成されます。

色を変更する方法

色を変更するには、図形を選択した状態でツールバーの塗りをダブルクリックします。


カラーピッカーが開くので、好きな色に変更してOKボタンをクリックします。
これで、色が変更されます。


ツールバーの線をダブルクリックすれば、図形の枠の色を変更できます。

図形の枠の太さを変更する方法

図形の枠の太さを変更するには、図形を選択した状態で画面上部の線の数値を調整します。

部分的に変更する方法

画像のように、部分的に変更するにはダイレクト選択ツールを選択します。


ツールバーからダイレクト選択ツールを選択して、変化させたいアンカーポイントをクリックします。


そして、ダイレクト選択ツールでドラッグすれば、その部分が変化します。

頂点の数を追加する方法

頂点の数を追加するには、アンカーポイントの追加ツールを使います。


ツールバーから「アンカーポイントの追加ツール」を選択して、追加したい部分をクリックすればアンカーポイントが追加されます。

多角形ツールで頂点の数を変更する方法

多角形ツールでは、頂点の数を変更することができます。


多角形ツールで画面をドラッグしている時に、キーボードの「↑」を押せば頂点が増えます。
「↓」を押せば頂点が減ります。


スターツールでも同じことができます。


まとめ:シェイプツールを使いこなそう

図形を作成するのは、Illustratorの基本的な使い方です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

Exit mobile version